あなたは朝起きた時に、首が思うように回らない、痛みを感じてドキッとしたことはありませんか?俗に言う寝違えです。

もし寝違えてしまった場合、痛みの程度にもよりますが、その日1日思ったように動くことができず、非常にストレスを感じてしまいます。
一般的には1日で痛みは引くことが多いですが、稀に数日、数週間と長引くケースもあります。

寝違えとは

寝違えとは通称であり、医学用語で言うと急性疼痛性頚部拘縮や、突発性頚項痛などと呼ばれることがあります。
具体的な症状としては、経験者はご存知かと思いますが首が思うように回らず、見たい方向を見るときは、体ごと見なければいけないほどヒドイ場合もあります。
また、首周りの肩、あとは背中にもだるさや痛みを感じることもあります。

寝違えてしまう原因

ではなぜ首を寝違えてしまうのでしょうか。ほとんどの人は、頻繁に首を寝違えるなんてことはないと思います。
しかし中には、月に何度も首を寝違えてしまう人もいるそうです。ではその原因についてみていきましょう。

そもそも枕が合っていない

これが一番多い原因のように思います。自分に合った高さでなければ首を痛めるのはもちろんのこと、血行不良や筋肉が凝ってしまいます。

疲労・睡眠不足

普段の睡眠で日々の疲れが取れていないと、疲労が溜まり血行不良を引き起こします。
良質な睡眠をしっかりとり、体を休め健康的な体の維持に努めましょう。

他にも様々な原因がありますが、やはり普段の生活の中で、首周りが凝らないように、血行不良にならないように意識しながら生活することが大切になってきます。その為には、規則正しい生活や姿勢を保つことが重要です。

もしも首を寝違えてしまった場合は無理して治そうとせずに、安静にしておくことが大切です。
決して素人判断でマッサージやストレッチなど行わないようにしてください。痛いと感じる動作はやめて、痛みが引くのを待ちましょう。

どうしても痛みが長引く場合は、お近くの整骨院で体のバランスを整えてもらうことをオススメします。
体の疲れを感じやすかったり、すぐに首を寝違えてしまう場合は、一度相談してみると意外とすぐに悩みが解消できるかもしれません。