痛風とは

痛風は尿酸の生成、排泄異常による高尿酸血症の結果、尿酸が組織に析出、沈着し、急性関節炎発作、痛風結節、尿路結石の形成、腎障害、虚血性心疾患など、多臓器に多彩な臨床症状を引き起こす疾患です。

痛風と高尿酸血症はメタボリックシンドロームとのかかわりも強く、高血圧、脂質異常症、耐糖能異常、肥満などと合併、遺伝因子も関係し、家系内に痛風を有する場合も多いです。

食生活やアルコール多飲などにより成人男性における高尿血症と痛風は増えています。
バリバリ仕事をしている人、激しく運動をしている人など、活動的な生活をしてい る、30~50歳代の男性に好発しますが、近年欧米的な食生活のため若年化しています。痛風になる人の95パーセントは男性です。

女性は女性ホルモンの働きにより尿 酸の排泄がよいため発症率は低いですが、閉経後にホルモンの働きが減少するため、閉経後人が多く発症します。
その他に精神的ストレスも影響すると言われていますし、 水分摂取不足なども影響を与えます。

症状

痛風の特徴は急に発症する関節炎です。主に足の母趾の付け根の部分に発症することが多いです。
その他にも膝など下肢を中心に発症します。
痛み、腫れ、赤み、などが強くなり歩けなくなることもあります。

発作は7~10日程度で治まりますが、痛みが出なくとも、血清尿酸値がコントロールされなかったり、高尿酸血症を有していると、脳血管障害や虚血性心疾患など様々な 病気になるリスクになります。
似たような症状が出る偽痛風、蜂巣炎(蜂窩織炎)化膿性関節炎などの疾患が有りますが、診断は特徴的な急性の単関節炎があり、高尿酸血症が確認出来れば比較的に簡単 ですのできちんと調べてもらいましょう。

改善

痛風発作の治療は非ステロイド性抗炎症薬を、高尿酸血症の治療には生活習慣を改善し、血圧、血糖、体重、脂質のコントロールが重要です。
日頃の暴飲暴食、それと日頃からの運動不足などに注 意しましょう。
楽しく快適な暮らしをするためにも、常日頃から体のメンテナンスは重要です。
信頼のおける整骨院などでしっかりとしたチェックを受けてみましょう!