眼精疲労は、モノを見ているだけで目の疲労や痛みを感じたり、視界がかすみ、頭痛、嘔吐など様々な症状を引き起こします。眼精疲労の原因の1つとして視力の変化や矯正不良が考えられ、近視や乱視、老眼が進行していることに気づいていなかったり、メガネやコンタクトレンズが合っていないことでも起こる可能性があります。また、長時間のデスクワークでのパソコンの使用により目を酷使している方や、コンタクトレンズを使っている方に多いドライアイなども眼精疲労を引き起こします。

さらに、他の考えられる原因としては、緑内障や白内障などの目の病気、斜視、斜位、瞼下垂等があります。また、目に直接的に関係していない部分でも、風邪、更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気、ストレスなどが眼精疲労の原因となる場合があります。このように眼精疲労の原因は様々あり、いくつか原因が重なることにより徐々に目の負担が蓄積され、眼精疲労を生じます。

眼精疲労の主な症状

目の疲れやぼやけ、目がかすむ、ショボショボする、痛みを感じる、眩しい、重い、充血する、涙が出るなどの症状が起こり、場合によっては肩こりや倦怠感、めまいや頭痛、吐き気を生じる場合があります。症状が出て、そのまま放置してしまうと悪化してしまうので目に違和感を感じたら早期に専門医に診てもらうようにしましょう。

眼精疲労の対処

いくつかの原因が重なって発症する場合が多いので、まずはしっかり原因をつきとめることです。また、メガネやコンタクトレンズを使用している方は、定期的に自分の目にあっているかどうか検査を受けるようにしましょう。
目のマッサージなどを行なっている整骨院などもありますので、仕事のデスクワークなどで目の疲れや違和感などを感じている方は診てもらうようにしましょう。整骨院では、眼精疲労に適したマッサージによって症状を和らげることができると言われているので、眼精疲労だけでなく身体の不調を感じたら診てもらうことをおすすめします。