障害と外傷の違いについて

外傷とは、スポーツ中に外力によって起こる肉体組織の損傷をいいます。転倒したり衝突などにより、捻る・ぶつける・骨折・肉離れ・靭帯損傷などをした状態のことです。一方、スポーツ障害とは、スポーツによって反復される負担の積み重ねによって、過度の痛みや慢性的に症状が続いている状態をいいます。これはプロスポーツ選手はもちろんですが、アマチュアや成長期の子供にも多く見られます。軽いものではプレー中の痛み、プレー後の痛みで済みますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。日頃から、整骨院などの信頼できる、柔道整復師や鍼灸師などの先生方にしっかりと診てもらっておいて、こうしたリスクを少しでも回避していただきたいです。

主なスポーツ障害

ひとつの例として野球があります。野球選手には、投げ過ぎによる肘の障害、野球肘が特に多く見られます。野球肘には、肘の内側に発生する内側側副靭帯損傷(内側型野球肘)と、肘の外側に発生する離脱性骨軟骨炎((外側型野球肘)の2種類があります。また、走ったりジャンプしたりするスポーツでは、膝蓋(しつがい)靭帯が脛骨(けいこつ)付着部からはがれて骨が出っ張るオスグッド・シュラッター病(別称:ジャンパー膝)の発症率が高いです。前十字靭帯損傷も非常に多く、特に女子の場合にはX脚がその原因となってしまうので、普段の姿勢から気をつけるようにしましょう。

成長期に起こる理由

成長期では、まず骨が成長発達してそれを追いかけるように筋肉が造られ、身体が出来て行きます。女子学生は中3、男子学生は高1~2あたりまでが成長期となります。この時期の骨は、両端が軟骨になっていて、骨端線と呼ばれる部分から骨が伸びていきます。そのため、骨、関節は成人と違って構造的には弱く、強い牽引力、圧迫力が繰り返し働くと、傷ついたり変形したりして障害が生じやすいという特徴があります。

オーバーユース

過度に、継続的に繰り返されるスポーツ動作によるもの、これによるものが大多数を占ます。野球肘・テニス肘・投球障害肩・シンスプリント・ジャンパー膝など。

オーバーロード

繰り返しの頻度は少ないが、ストレスが強くかかる運動で重量挙げなどの選手などに見られます。
どんなスポーツについても言えることではありますが、いかに、未然に外傷や障害を防ぐ努力をしていてもスポーツ障害は発生するもの。大切なことは、その外傷・障害がおきた際に適切な処置が取れるかどうかなのです。こうした症状に関しては、自力で対策することはなかなか難しいものです。信頼のおける整骨院を見つけておき、日常の中でいち早く相談したいものですね。